fc2ブログ

東北の保育者たちに学び、備える~巨大地震が来る前にできること

元・名古屋短期大学保育科教授まきさんと一緒に考える保育所・幼稚園の震災・防災・地震対策

送迎中に巨大地震が発生したら【保育園・幼稚園の防災対策】

Posted by MAKI on   0 

災害は必ずしも子どもたちが自宅や園にいる間に起こるとは限りません。
保育園・幼稚園の送迎中に大規模地震が発生したら、送迎バスの安全確保が必要になります。


(1)送迎バスの安全確保

・保育終了後~発車前に地震が起こったら

幼稚園バス

保育も終わり、これから子どもたちをバスに乗せて園児を帰宅させようとした時、あるいはその前に巨大地震が発生した場合です。

園児の送迎ルートに相当な被害が出ることが想定される時や警報が出た時は、送迎バスの出発は直ちに停止してください。
出発は警報解除後になること、それまでは園で責任を持ってお子さんを守ることを伝えてください。


・バスの運行中に巨大地震が発生したとき

車を路肩に寄せる

運行中に運転に支障が出るような巨大地震が発生したときは、運転手はバスを路肩に寄せるなどして、安全確保に努めます。


(2)情報収集と園への連絡

スマホでマップを見る

次に、情報を収集することが大事です。
津波が来るのかどうかの情報を収集してください。
運転手はラジオで確認し、添乗員はスマホで情報を得ます。

添乗員は園と連絡を取り、園に戻るか、近くの避難所等に避難するか判断しますが、園と連絡が取れないときはその場で協議して判断してください。


(3)安易に園に戻る選択をしない

災害時避難ルートの確認

園に戻る場合は、事前に複数の経路確認し、安全なルートを選択してください。
液状化現象等により園に戻ることが危険かもしれませんし、渋滞に巻き込まれて津波の被害に合う可能性もあります。

判断されるときは、避難所等に避難してください。
あらかじめ運行ルート近くの避難所及び避難可能な場所を確認しておいてください。


下記のリンクから規程のモデルが閲覧できます。
ぜひ参考になさってください。

・新危機管理マニュアル・モデル3 関係書類編

スポンサーサイト



MAKI

岐阜県在住、広島市出身。趣味は音楽鑑賞、トロンボーン、旅行、愛犬と遊ぶこと。名古屋短期大学保育科を退職し、現在は国際ボランティアコーディネーター、スタディツアーの企画などを行っています。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。