fc2ブログ

東北の保育者たちに学び、備える~巨大地震が来る前にできること

元・名古屋短期大学保育科教授まきさんと一緒に考える保育所・幼稚園の震災・防災・地震対策

保育所・幼稚園の新危機管理マニュアル・モデル3 関係書類編

Posted by MAKI on   0 

危機管理マニュアルの改訂版の第3弾は、関係書類編です。

引き渡し編

園児の引き渡し

みなさんの園では、年度初めに園児を誰に引き渡すか登録をしていますか?

DV被害(家庭内暴力)の問題もあり、親族を名乗っても園児を引き渡すと危険にさらされる場合もあります。

災害時では、東松島市の野蒜(のびる)小学校で児童の知人に引き渡した後で児童が津波の犠牲となり、亡くなった児童の保護者が学校側(東松島市)を訴たえ、学校側が敗訴しています。

年度初めに引き渡し者を登録してもらい、非常時も登録した人にのみ引き渡し、登録した保護者が迎えに来るまで待つことが必要です。

災害時に親御さんなどがお迎えが来た時は、緊急時引き渡し簿モデルに誰にいつ引き渡したか記入してください。


※この記事の下の方に引き渡し書類の見本があります


点検編

点検

日頃から安全面での点検を行い、非常時に対応できるようにしてください。

また、災害後に保育所再開に向け安全点検が必要ですし、破損したときに修繕の補助を受ける際にも必要となります。


【以下のリンクからPDFファイルをダウンロードできます】

・引き渡し者登録カードモデル
・緊急時引き渡し簿モデル
・防災点検・整備分担表
・災害発生後点検表
・大規模災害時送迎バス運行規程


モデルの利用は社会福祉法人、学校法人の場合は、無料で活用できます。
下記アドレスまでご連絡ください。必要であれば、ワード版をお送りします。
講演の依頼は、下記までお願いします。
kosodatesos@gmail.com



スポンサーサイト



MAKI

岐阜県在住、広島市出身。趣味は音楽鑑賞、トロンボーン、旅行、愛犬と遊ぶこと。名古屋短期大学保育科を退職し、現在は国際ボランティアコーディネーター、スタディツアーの企画などを行っています。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。