fc2ブログ

東北の保育者たちに学び、備える~巨大地震が来る前にできること

元・名古屋短期大学保育科教授まきさんと一緒に考える保育所・幼稚園の震災・防災・地震対策

過去300年間に巨大地震は13年に1回発生

Posted by MAKI on   0 

過去300年間に巨大地震は23回
13年に1回、1,000人以上が死亡


石巻市1小

東日本大震災以降も巨大地震が続く
2011年3月11日に発生した東日本大震災では22,000人以上の人が亡くなりました。
それ以降も熊本地震(震度7、死者273人)、大阪府北部地震(震度6弱、死者6人)、北海道胆振東部地震(震度7、死者42人)など巨大地震が続いています。
明らかに日本列島が活動期に入ったと指摘する専門家もいます。
それでは過去にさかのぼるとどれくらいの頻度で巨大地震が発生しているのでしょうか。

死者が出た地震は154回
1700年以降、死者が出た地震は154回発生しています。
2年に1回の割合で発生していることになります。
記録上、最大の犠牲者が出たのは1923年9月1日に発生した関東大震災で、105,000人ほどの人が犠牲となっています。

1,000人以上が死亡した地震は23回
熊本地震も大変大きな地震でしたが、ここでは1,000人以上の犠牲者が出た巨大地震に限定してみます。
今から300年前の1720年以降に死者1,000人以上の犠牲者が出た地震を調べてみました。
総計は23回です。計20万人以上の人が死亡しています。
このうち津波を伴った地震は、わかっているだけで16回(69.6%)です。

巨大地震による犠牲者は、北海道から沖縄まで全国で出ています。とにかく備えをしっかり行う必要があります。

スポンサーサイト



MAKI

岐阜県在住、広島市出身。趣味は音楽鑑賞、トロンボーン、旅行、愛犬と遊ぶこと。名古屋短期大学保育科を退職し、現在は国際ボランティアコーディネーター、スタディツアーの企画などを行っています。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。